閉じる

当サイトは
「働き方改革実行計画」の普及を
応援しています!

みなさんは、直面する日々のライフスタイルの問題に、「仕事」や「収入」が悩みのタネになっていることはありませんか?
一昔まえでしたら、そういった悩みの解消をワイフラークの追求ということで別の業態を探す、つまり転職や起業という形を模索することが一般的でした。
しかし、転職や起業というのは必ずしも次のステップがうまくいくとは限りません。いざ今働いている会社を辞めて新しい働き先をはじめたとしても、その働き先が自分の理想であることは誰も保証してくれません、むしろ思い描いていた状況になるほうが少数にと言えるのではないでしょうか。
そこで新しい選択肢として選ばれているのが副業です。副業という形でしたら、今の仕事を続ける、あるいは勤務時間を減らしながら自分にあった仕事探しや収入を増やすことができます。そういった魅力から、ヨーロッパやアメリカでは日本の何倍も副業を取り入れてライフワークに混ぜている人が多くいるのです。
厚生労働省発表の「働き方改革実行計画」という政府方針はご存知でしょうか?
政府始動のワイフワーク改革で2019年4月から本格的に始動しています。その中で発表されたのが、政府の副業全面解禁でしょう。以前なら「会社が禁止しているから副業なんてできない・・・」そう考える人は多数でした。あるいは、高い年齢層の人は副業すること自体のイメージが悪いと扱われていました。しかし現在は政府が推進しているのですがそう考えるのは時代にそぐわないだけの誤解です。また、この政府の労働時間を減らしていこうという考え方は、残業時間を減らして労働単価を減らしていこうという企業の思惑に直結しています。結局のところはこれからの時代、「残業はもうすぐできないから副業をやるしかない!」という局面にたっているのです。
例えば、知り合いの会社で別事業を立ち上げている方も、知り合いの会社の正社員ではなく、昼間は別の企業の社員として働き、会社帰りのあと事業立ち上げを参画しているようです。
この方は、60歳を過ぎた方で、本職では嘱託職員として再雇用されているそうですが「会社では、管理職として長かったので、黙々と働ける副業が逆に新鮮に感じて楽しい!」と周囲に話しているようです、
このように、普段とは違った環境を肌で感じられるのが厳密な副業なのですね。
政府は、副業以外にも有給休暇の消化や時間外労働時間を減らすことに積極的に取り組んでいます。これは大企業と中小企業の経済格差が今よりもっと大きくなっていくことになるかもしれません。
そして技術の革新によっても労働者として企業が労働者の価値の見え方がかわっています、言語の壁はgoogle翻訳やその他優秀な翻訳ソフトやツールによって緩和されていますし、肉体労働も外国人労働者が年々増えていっていることは都会のコンビニエンスストアや飲食店にはいってもその比率の上昇がすぐにわかるでしょう。さらに単なる作業だけでは次にくるAIの時代に生き残ることはできません、今は働けたとしてもAIに仕事を奪われかねることになりません。
自分にしかできない柔軟な能力を身につけていない人間は、潰されてしまう時代がすぐ来る可能せいがあるのです。その結果、他人とは違ったモノの見方、感性、企画力を持ち合わせて、それを活かし工夫できる「自分だけ」の能力を発揮できる人達だけが生き残れる時代になっているはずです。
だからこそ、自分の新たな可能性を見つけ能力を広げる場所を手に入れるために私たちは副業推進します。副業といってもエグゼクティブだけが片手間に手を出せる難しい仕事ばかりがあるわけでないのです、ほんの少しの手を加えるだけで稼げる簡単な副業だって世の中にはたくさん存在しています。私たちはそれを、みなさんに知っていただきたくてこのランキングサイトを用意しています。
「今より少しでいい、5万円でも10万円でもいいから収入を増やしたい」そんな悩みをもちつつも「自宅でできる、特定のスキルをもっていなくてもできる仕事がいい」という副業が理想だと思っていませんか?
しかし、それと同時に「どんな副業が自分にあっていて効率よく稼げるのか自分でもよくわからない」という悩みを抱えている人が実際数多いのも事実だと思います。
当サイトでは、基本的にスマートフォンが使えればOKな仕事を厳選して集めています。主婦でも通勤中でも就寝前でも空き時間があればこなせる内容を中心に本格的に副業に専念できない人達でも気軽に始められるような案件ばかりです。副業を始めるといっても手をつければ稼げるかわからない人でも、すでにネットビジネスでノウハウを完成させた方から情報を得られることができれば、どうはじめたらいいかその足掛かりがわかるはずです。事実、近年の副業ブームの影響でサラリーマンからシングルマザーや退職後にはじめた人が多くの副業に挑戦してなかには何百万~何千万という所得を得ています。なにをやって良いかわからないという人は、今実際にたくさん稼げている人の軌跡をたどっていくのも一つの成功の手段だと思いますよ。最新の情報と収益ノウハウを学んでいくにつれて、あなただけの副業を確立させていくのも決して悪いことではありません。よくないのは悩むだけ悩んで手が進まないで終わってしまうことでしょう。
現在の日本の正社員の副業実施率を調べてみると、国民の1.8%の方が副業を実施しているようです。およそ55人に1人です。今後の政府推進の施策が進めていけば当然、収入を増やし、新たなスキルを身につけるという願いを持つ人が増えて競争の倍率はどんどんあがっていくでしょう。
2018年に一世を風靡した仮想通貨などもそうですが、はじめるのは何事も早いにこしたことはありません、仮想通貨は数年早く始めているだけでその価値が何倍何百倍となったことをご存じの方も多いでしょう。副業も同じです、今働き方改革で企業が労働力を欲しているときに率先して動ける人がまずそのスキルを身につけることで稼げる人になるチャンスが訪れやすくなるのです。
これから副業を始める人は確実に増えていきます。副業に限らずあらゆるビジネスに当てはまることですが、成功している方の多くが先に副業を始めているのです。成功者利益というものです。マラソンに例えると、ライバルが先にスタートしたら相当な努力をしないと追いつけないです。副業も同じです。より早くあなたの新しいライフスタイルをつくり始めることを推奨します。